引越し 注意

引越し時の注意点

ケースへの詰め込みについて

 

引越し時の注意点

  • なるべく使わないものから梱包していく。
  • 奥の部屋から片付けていき、部屋単位で梱包する。
  • 洋服はできるだけ詰めて入れる。
  • 何が入っているかを記載する。ケースの横に書くと重ねても見やすい。
  • 本や食器などで重くなる場合は、底面に十時にガムテープを貼り補強する。
  • 隙間ができないように詰める。隙間がある場合は新聞紙や緩衝材を詰める。

 

 

台所用品について

 

  • 食器はできるだけ同じ大きさのものを重ねる。食器の間には必ず緩衝材を入れる。
  • 瓶は立てて蓋を閉める。蓋がない場合はラップをして蓋をする。瓶の間には必ず緩衝材を入れる。
  • ナイフやフォーク、スプーンは紙で包んで輪ゴムで止める。
  • ヘルツを交換する。
  • 冷蔵庫は中身を空にして前日にコンセントを抜き、水抜きをする。設置後1時間は電源を入れない。
  • 生ものは処分し、米びつは中身を空にする。

 

 

電化製品について

 

引越し時の注意点

  • 電化製品のヘルツを交換する。
  • ストーブやヒーターの灯油は必ず空にしておく。
  • オーディオ、パソコン類の配線は抜いておく。
  • 洗濯機の水を抜いておく。

 

 

その他

 

  • 現金、キャッシュカード、鍵、通帳、印鑑などの貴重品は梱包せずに携帯する。
  • 植木には前日の水やりはしない。
  • 家具などの木製品にはガムテープやクラフトテープを貼らない。
  • 布団袋の中にはワレモノを入れない。